走ることと音楽などをつれづれに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後3週間

手術から3週間、入院も23日目になる。

12/8未明。またも骨のかすかな痛みとと生えかけた脛毛のチクチクで目が醒めた。ふと足を曲げてみた。何度か曲げると5度だったのが10度ぐらい曲がるようになった。

昼間、いくら念じても上がらなかった右足。ベッドに仰向けになったまま、布団を脱いで足をあげてみる。やっぱりあがらない。ため息をついて何度かトライしてみた。


幾度目だっただろうか、ふと少し踵がいた。一度下ろして深呼吸すると腿に力を入れた。ゆっくりと足が45度まで持ち上がり思わず大声を上げそうになった。

なんだか安心して布団をかぶるとそのまま眠りについた。

朝、昨晩のことは夢だったかもしれないと思い、そっと足を上げてみる。難なく、と言うには少し気合がいったが、前日の悔しさがうそのようにすうっと足が上がった。夢ではない。脳が克服したのだ。


12/8の夕方には九州から父が、そして都内に住んでいる弟が見舞いに来てくれた。家族での団欒もここ数年、口蹄疫やら体調やらでなかなか都合がつかず、久々の再会となる。こうした血の繋がりを感じるふれあいが、あとどのくらいの時を重ねることができるのか。三人でそれを感じながらゆっくりと噛むように団欒の時を囲んだ。

リバビリテーションのメニューは、日々いろんなものが増えていく。12/11にはそれに加えて低周波治療が加わった。単三電池を入れたポケッタブル・ラジオにイヤホンもどきがついているような肩こり専用のものとはもちろん大違い。大型のテスラコイル(笑)かMoog 3Cを思わせる大型医療機器から電極が出ているタイプだ。

タロットカード大の電極を膝につけて低周波を流すのだが、技師の方が最初に必ず聞く。

「アルコール大丈夫ですか?」

最初は意味を取り違えて、思わず、

「日本酒、焼酎、スピリッツ類あたりはきらいじゃないです」

と答えようとしたが、さすがに常識が待ったをかけた(笑)。電極を肌につける時に電極の表面にエタノールを塗るのだが、人によってはアレルギーがあるので必ず問うそうだ。希望を言えば飲ませてくれるのかなと思った淡い期待は儚くしぼんでしまった(苦笑)。

この低周波治療はCPMと同様に気持ちよく、家に1台欲しいぐらいだ。でも低周波治療機もCPMもどう見ても数100万円単位の機械だよな~。Moog 3Cみたいに音が作れないのも残念だよな~。

そしてこの日は右足が曲がるようになってきたので車椅子の右足を伸ばして座るための板を除去。これで随分と楽になった。右足を伸ばしたままだと、身障者用トイレの中でも車椅子の回転がなかなか難しいのだ。そして便器への移動もしやすくなる。意外に知られてないのが、右足を伸ばしたままだと便器になかなか近寄れないので、洋風大便器のフタを閉められると開けるのも一苦労なのだ(泣)。

そして12/14。体重の1/3荷重ということで、いよいよ車椅子オンリーから松葉杖の併用となる。久々に体重を量ると激減している。というか、それまでが栄養過多だったんだな、多分(苦笑)。この日は松葉杖を若干練習したが、初めて使うとなかなか思うようにはいかない。まあ、だんだん慣れてくるだろう。こうして身体の各部分の感覚が少しずつ戻ってくると、まるで百鬼丸アニキになったような気分だ(笑)。

入院中、ヒマでヒマで仕方がないだろうと想像し、それを心配した友人たちや弟から多くの本をいただいたり、実際同室の人も「ヒマだ~」といいながらゲームに興じる人も多かった。病院の談話室にも書架があり、文庫や児童書、マンガ(はマスター・キートンと花の慶次は全巻)などが置いてあった。自分の場合は前に書いたように、PCを持ち込めたおかげで退屈はしないですんだ。そればかりではない。

ひとつには久々に曲作りなどをしようと、PCとその周辺の機器を揃えだしてしまった。よせばいいのに病院宛に機器を通信販売で取り寄せたりするから、困った患者である(苦笑)。集中して時間がとれなかったので、あまり成果品としてあげることはできなかったが、いくらかスケッチができたのはありがたい。

205223922.jpg209279429.jpg

もうひとつは、今年はiPadの発売などもあって電子書籍元年とも言われたが(電子書籍元年は昔から何度もあったような気がするのはおいといて(苦笑))、オンライン・サービスでxtmlでブログを構成する応用で、電子書籍を作るサービスが出てきたのを見つけた。横書き限定でかつ、日本語禁則処理をやってくれないのはかなりつらいものがあるが、それでも無料で作成できるというメリットは非常に大きい。しかもpdf形式とePub形式の両方を同時に作成でき、それを公開して無料もしくは有料でダウンロードできる場も提供されているのだ。

早速昔の音楽、そして映画のブログの記事を編集、構成、校正、加筆、著作権関係のチェックなどを行い、試作版を作ってみた。元はあるとはいえ、編集、構成、校正、加筆にはそれなりに結構時間がかかる。が、必要不可欠であることも確か。

もしお暇と興味のある方がおられたら、無料ですのでダウンロードされてみていただければ幸い。xtmlでオンラインでも見ることができるが、iPhone、iPad等で見ることのできるePub、もしくはPCで見ることのできるpdfでDLできる。さらに見易さや要領など、ご意見をいっただければまた嬉しい。


「ボクのシンセサイザー・クロニクル」 14ページ PDF(721.7KB) ePub(606.3KB)ここ30年の私的シンセサイザー略史というかなりオタク記事。




「映画音楽のおと」 238ページ PDF(1MB) ePub(405.1KB) 映画音楽作曲家22人ととそれにまつわる映画のミニコラム集。
 



そのうちせっかくなので、これまでのマラソン完走記を整理を兼ねてとりまとめて電子書籍化しようかなとも思っている。多分結構気の遠くなる作業になりそうだが(苦笑)。


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

santapapa

Author:santapapa
小さい頃から運動音痴で今までまったく体育系クラブに属した経験がなかったのですが、2007年の2月からipodがきっかけでダイエット目的に走り始めました。だんだん走るのが楽しくなってきた「長~くゆっくり」がモットーのランニング初心者でしたが、故障のため走ることから引退。その後の名医と出会いがきっかけで現在復活のためにリハビリテーション中です。

最初は4km走るのもやっとでしたが、2007年6月にハーフ、2007年9月にフル・マラソンをやっとこさ完走。2008年3月には100kmウルトラを完走し、今はウルトラをメインに、バンド活動の傍らファン・ランを楽しんでます。生活の中で走ることの優先度が低いので、最近はたまにしか走らずリバウンドの兆しが悩みの種。大会参加でモチベーションをあげています。

自己ベストは10km=45:48(第10回記念大会ニューリバーロードレースin八千代 '07.12. 2)、
ハーフ=1:41:50(NET/第13回手賀沼エコマラソン、 '07.10.28)
フル=3:33:30(NET/第56回勝田全国マラソン大会 '08. 1.27)、
ウルトラ=12:34:40(100km/第4回伊豆大島ウルトラランニング '08. 3.29)、
=38:41:42(206km/第3回佐渡島一周エコジャーニーウルトラ遠足 '08. 9.13)。

なお、blog中の仮名は、自ら公開blogでHNをお使いの方以外は個人情報の関係上、原則アルファベットにしていますのでご了承ください。

2009年3月以前の過去アーカイブは旧ブログ『よっこらしょ』を参照。
2010年11月以前の過去アーカイブは旧ブログ『ひょうろくだま』を参照。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ユーザータグ

リハビリテーション 入院 バンド 震災 ジョグ仲間 映画 イベント コミPo! チャリティ 音楽 よしなし事 大会中止 ウルトラへの道 観戦記 ライブ ボランティア 博物館 大会レポート 紀行 仮装 

カウンター
twitter
jognote
link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蛍時計
おともだちリンク
大会ガイド
ランニングお役立ちリンク
メーカーリンク
店舗・通販リンク
交通リンク
Santapapa's Memo
サンタパパの過去blog
「だがっき」と「おと」の庵
 音楽bog(休止中)
かたすみの映画小屋
 映画bog(休止中)
よっこらしょ
旧ランニングbog(休止中)
ひょうろくだま
 旧ランニングbog(休止中)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Sports@niftyプロ野球速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。