走ることと音楽などをつれづれに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『廃船』 1969年 第五福竜丸の数奇な運命

しばらくガンガン膝を冷却し、食料品を買い込んでひたすら家にこもった。その甲斐あって、見るからに膝の腫れはひいてきている。効果は大きいようだ。さりとて腫れがなくなるまで歩かないという訳にはいかない。足の筋肉の退化は著しいし、入院中に言われたように、微小な刺激が足にいい影響を与える部分もあるようだ。要はそのバランスになってくるのだろう。


2/9は非常任理事会(笑)による炭やでの怪しい会合。非常に濃厚で密度の高い論議を交わしたようで、かつ、終わってみると何も憶えてないような気がする(爆笑)。次回はまた1ヶ月程度後に開催される模様(関係筋)。

2/10は新しいプロジェクトの立上げにあたっての顔合わせ。内容はまだ、ひ・み・つ(笑)。初夏にはお目見えするだろう。とても楽しみな話だ。

2/12、当初予定はまったくなかったのだが、前日のTwitterがきっかけで悩んだ末に外出することにした。

2/9から2/13まで第2回座・高円寺ドキュメンタリー・フェスティバルというドキュメンタリー・フィルムの上映会が行われている。これは多くのドキュメンタリーが作られているのに対して市井では実際に目にする機会が少ないので、ドキュメンタリーの魅力と可能性を再発見するために開催されているらしい。

最終日の前日、2/12にもいくつかのドキュメンタリーが上映されるが、この日最後に上映されるのがNHKのテレビ・ドキュメンタリー『廃船』だ。1969年当時、今は亡きNHKのディレクター工藤俊樹の手になるこのドキュメンタリーは、あのビキニ環礁での水素爆弾実験の犠牲になった第五福竜丸のその後を追い、その数奇な運命と当時の平和運動の模様を描いた作品である、

第五福竜丸についてはリアルタイムではないが、当然歴史的大事件としての認識と非常に大雑把な事件の経緯については知っている。ましてや、広島にほど近い岩国、そして長崎に住んでいたこともあり、核と平和についての興味も人並みにはあるのではないかとは思っている。

そしてもうひとつ興味をひいたのは、ドキュメンタリー上映後、このドキュメンタリーをセレクトした是枝裕和監督と、工藤俊樹ディレクターの部下だった元NHKの永田浩三武蔵大学教授とのトーク・イベントが開催されるという。

永田浩三氏については、昨年の夏に柏書房から上梓された、『NHK、鉄の沈黙はだれのために―番組改変事件10年目の告白』を読んで深く感銘を受けた。10年前に起きた「ETV特集事件」についての顛末を当事者から語っている迫真のドキュメントだが、まさに「鉄の沈黙はだれのために」という言葉の通り、透けているのに何のために「露骨な沈黙」が守られているかという部分が、人間、そして組織というものの正体を改めて浮き彫りにすると思う。必読の書。

放送当時はお昼に放映されたというドキュメンタリー『廃船』は全編80分。幸い上映時間ぎりぎりに会場に到着することができた。名を変え、訓練船となっていた第五福竜丸が払い下げられ、エンジンを取り外されたまま当時はゴミ埋立地だった夢の島に残置された経緯を軸に、遺族と当時の原水禁と原水協の分裂等を交えて当時の空気が密封されている。同じことを必要としているのにこだわりが協力を阻む人という存在がいかに世にあふれていることか。ドキュメンタリーの流れは視点が次々に切り替わる構成だが、一貫して語りたいことを中心に据えているので眼差しはぶれない。時間と記憶の風化を語るこのドキュメンタリー自体が、いま公開されている因縁を感じたりもした。何かを残し何かを伝えることは思いの外むずかしく、できるとすればそれはすばらしいことだと思う。

上映終了後は是枝裕和監督と永田浩三氏のトーク・イベント。『廃船』のディレクター工藤俊樹氏のことを中心にいろいろと貴重な話が聞けた。慌しく家を出たが、観に来てよかったと思う。ドキュメンタリーの感想もちょっと話すことができてよかった。

以前、映画のブログをやっていた頃にもドキュメンタリー映画は頻繁に紹介していたが、今も魅力的で観たいドキュメンタリーも少なくない。これからも心の栄養を枯らさずに摂っていきたいものだ。


ドキュメンタリー『廃船』の中でも使われた1954年のニュースより



【第五福竜丸展示館】


NHK、鉄の沈黙はだれのために―番組改変事件10年目の告白
NHK、鉄の沈黙はだれのために―番組改変事件10年目の告白


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

santapapa

Author:santapapa
小さい頃から運動音痴で今までまったく体育系クラブに属した経験がなかったのですが、2007年の2月からipodがきっかけでダイエット目的に走り始めました。だんだん走るのが楽しくなってきた「長~くゆっくり」がモットーのランニング初心者でしたが、故障のため走ることから引退。その後の名医と出会いがきっかけで現在復活のためにリハビリテーション中です。

最初は4km走るのもやっとでしたが、2007年6月にハーフ、2007年9月にフル・マラソンをやっとこさ完走。2008年3月には100kmウルトラを完走し、今はウルトラをメインに、バンド活動の傍らファン・ランを楽しんでます。生活の中で走ることの優先度が低いので、最近はたまにしか走らずリバウンドの兆しが悩みの種。大会参加でモチベーションをあげています。

自己ベストは10km=45:48(第10回記念大会ニューリバーロードレースin八千代 '07.12. 2)、
ハーフ=1:41:50(NET/第13回手賀沼エコマラソン、 '07.10.28)
フル=3:33:30(NET/第56回勝田全国マラソン大会 '08. 1.27)、
ウルトラ=12:34:40(100km/第4回伊豆大島ウルトラランニング '08. 3.29)、
=38:41:42(206km/第3回佐渡島一周エコジャーニーウルトラ遠足 '08. 9.13)。

なお、blog中の仮名は、自ら公開blogでHNをお使いの方以外は個人情報の関係上、原則アルファベットにしていますのでご了承ください。

2009年3月以前の過去アーカイブは旧ブログ『よっこらしょ』を参照。
2010年11月以前の過去アーカイブは旧ブログ『ひょうろくだま』を参照。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ユーザータグ

リハビリテーション 入院 バンド 震災 ジョグ仲間 映画 イベント コミPo! チャリティ 音楽 よしなし事 大会中止 ウルトラへの道 観戦記 ライブ ボランティア 博物館 大会レポート 紀行 仮装 

カウンター
twitter
jognote
link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蛍時計
おともだちリンク
大会ガイド
ランニングお役立ちリンク
メーカーリンク
店舗・通販リンク
交通リンク
Santapapa's Memo
サンタパパの過去blog
「だがっき」と「おと」の庵
 音楽bog(休止中)
かたすみの映画小屋
 映画bog(休止中)
よっこらしょ
旧ランニングbog(休止中)
ひょうろくだま
 旧ランニングbog(休止中)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Sports@niftyプロ野球速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。