走ることと音楽などをつれづれに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術後1日目

11/24の手術日。手術終了後にストレッチャーで運ばれてレントゲンを撮った後に、この日だけ個室に運ばれる。麻酔が半分効いた状態で意識の確認。はい、なんかまだ眠いけど元気です。その後も3時間ほど、酸素マスクをつけたまま過ごす。麻酔は人によっては嘔気、嘔吐、頭痛がする人もいるらしく、実際後日に他の人で目の当たりにもした。が、私の場合は相性がよかったのか幸いにも一切なかった。また人によっては妙にハイになることもあるらしいが、それもない。

え?普段からお前はハイだからだって?ほっといてくれ!


ただ、全身麻酔が抜けてくると手術した脛骨が段々痛くなってくる。そのために背中にカテーテルを入れて硬膜外麻酔を術後3日までつけたままにするのだが、手術自体は骨を一部切っている訳だから、到底それだけで抑えられるものでもない。次第にフェード・インしてくる足の痛みに我慢できなくなり、ヘタレなもんで思わずハリー・ベラフォンテのバナナボートを歌ってしまう。

「イデデイデデイデデデェ~ヨォ~!」

パネェッスよ、この痛み。聞くところによると、こういう痛みは早めにコクッた方がいいそうだ。痛みが酷くなってから対処しても、なかなか効きにくいものらしい。飲み薬をいただいた上でとに、点滴に痛み止めを混ぜて体内に注入し、なんとか許容範囲にまで治まってくれた。

幾分落ち着いたところで、貴重品庫に預けていた携帯電話とipodを看護師さんに持ってきてもらった。とりあえず身近なところにメールとTwitterで手術無事終了の報告。そして、Webの巡回。併せてお気に入りの音楽を耳からヘッドホンでじゃぶじゃぶと注ぎ込む。こうして携帯で多少気をまぎらわすことによって痛みを緩和できた部分もあるのがありがたい。

手術後、6時間。状態を見てもらい、食事にOKが出た。前日の夜以来、28時間ぶりの食事だ。おにぎり2個と味噌汁と香の物が目に前に出され、がっつくかと思いきや、自分でも意外にやゆっくりゆっくりとほおばって食べていった。一瞬眩暈がして冷や汗が出たが、しばらく横になるとほどなく治ってまた食事を再開。お腹と背中がくっつきそうなほど腹が減ったでもなく、食欲がないでもない。味云々を感じるよりも、とりあえずなんかほっとした。本当にほっとした。ほっとするとまたなんだか眠くなり、夜半に点滴が終るとゆっくりと夢の国に旅立って行った。

手術後1日目の25日。ゆっくりともがくような気持ちで目が覚める。意識の覚醒と共に右足の痛みが脳を刺激し、一気に現実に戻される。

(そうだ……手術したんだ……終ったんだ……)

昨日の記憶を反芻し、確認をすると再び安堵の気持ちがよみがえる。頭がぼんくらだと一粒で二度美味しい(笑)。思わず、「わ~たしは今、い~きている」と歌いたくなった。17歳なんて遙か昔だけどな(苦笑)。

そうこうしている間に朝食の時間。手術日はパンチ・ドランカーみたいな状態の中でおにぎり2個+α程度のものだったが、この朝は納豆にブロッコリーのおひたしにじゃがいもたっぷりの味噌汁と、久しぶりに普通に食事といえるものを口にできた。身体も胃袋も前日より元気になっていたのだろう。むさぼるように食べた。

一夜明けたので、まず血栓防止用につけていたフットポンプを外す。そして尿の管を抜き、T字帯をとる。足を曲げることができないので、2人がかりで手伝ってもらってパンツのはきかえ。や~~~ん、もうお嫁に行けないぃ~~~(苦笑)。

やがて主治医の先生の診察が患部の消毒にやってきた。患部を開けてみると、軟骨は思った以上にもうかなりぼろぼろになっていたとのこと。また、この手術をするには若い方なのとアスリートの足なので(なのか?わし)、骨が太くて切れ目を入れるのに若干手ごたえがあったとのこと。

「……つまらない質問なんですが」

とおずおずと手術室でかかっていたユーミンベストのことを聞いたら、選曲は先生ではなくて手術室主任さんの趣味だとのこと。きっと先生は訊くなら手術の内容について訊けよと思っているだろうなあ(苦笑)。

その後、抗生剤の点滴と採血、そして血圧と体温、酸素量測定。抗生剤の点滴は術後4日目まで1日2回。しばらく続く。

その後は自部屋に戻って、早速車椅子の訓練だ。手術後1日目からすぐ、トイレと患部冷却用の氷を入れるのは自分でいくことになる。リハビリテーションの一環としてだろう。とはいえこの日はおいてけぼりになったり、トイレの移動で無理があって足が痛くなったりと散々(苦笑)。前途多難だぁ。

たいして動いてはいないが、生命力が落ちているからか結構へとへと。なんだかもう入院して随分経つような気がしてきた(苦笑)。各病室は21時に消灯だが、談話室は23時まで明かりがついていて使える。頭が眠くなったので明かりを消すと布団を鼻までかぶる。身体を左右に動かせないので、丸くなったり寝返りをうったりもできない。

うとうとしてくると、じんじん痛みのある右足が次第に痛くなってくる。昼間は気がまぎれているからそれほど強く感じないのだろうか。一度ナース・コールを鳴らして痛み止めの薬と睡眠薬をもらって飲み下したが、この痛み、結構しつこく粘り強く襲ってくるのだ。しかも薬の効果もものともせず、次第に勢力を増してくる。辛抱たまらず、再びナース・コール。訊けば座薬が効果あるかもという。でもこの歳になるまで座薬使ったこと、一度もないのよね。考えるふりしながらもじもじしていたが、その間にも足の痛みはじわじわと攻めてくる。仕方がない。背中とお腹は交換できないということわざもある。意を決すると、座薬を入れてもらうことにした。や~~~ん、もうお嫁に行けないぃ~~~(苦笑)。



しばらくすると、そこからはすやすやと心地よい寝息が聞こえてきたという。


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

santapapa

Author:santapapa
小さい頃から運動音痴で今までまったく体育系クラブに属した経験がなかったのですが、2007年の2月からipodがきっかけでダイエット目的に走り始めました。だんだん走るのが楽しくなってきた「長~くゆっくり」がモットーのランニング初心者でしたが、故障のため走ることから引退。その後の名医と出会いがきっかけで現在復活のためにリハビリテーション中です。

最初は4km走るのもやっとでしたが、2007年6月にハーフ、2007年9月にフル・マラソンをやっとこさ完走。2008年3月には100kmウルトラを完走し、今はウルトラをメインに、バンド活動の傍らファン・ランを楽しんでます。生活の中で走ることの優先度が低いので、最近はたまにしか走らずリバウンドの兆しが悩みの種。大会参加でモチベーションをあげています。

自己ベストは10km=45:48(第10回記念大会ニューリバーロードレースin八千代 '07.12. 2)、
ハーフ=1:41:50(NET/第13回手賀沼エコマラソン、 '07.10.28)
フル=3:33:30(NET/第56回勝田全国マラソン大会 '08. 1.27)、
ウルトラ=12:34:40(100km/第4回伊豆大島ウルトラランニング '08. 3.29)、
=38:41:42(206km/第3回佐渡島一周エコジャーニーウルトラ遠足 '08. 9.13)。

なお、blog中の仮名は、自ら公開blogでHNをお使いの方以外は個人情報の関係上、原則アルファベットにしていますのでご了承ください。

2009年3月以前の過去アーカイブは旧ブログ『よっこらしょ』を参照。
2010年11月以前の過去アーカイブは旧ブログ『ひょうろくだま』を参照。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ユーザータグ

リハビリテーション 入院 バンド 震災 ジョグ仲間 映画 イベント コミPo! チャリティ 音楽 よしなし事 大会中止 ウルトラへの道 観戦記 ライブ ボランティア 博物館 大会レポート 紀行 仮装 

カウンター
twitter
jognote
link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蛍時計
おともだちリンク
大会ガイド
ランニングお役立ちリンク
メーカーリンク
店舗・通販リンク
交通リンク
Santapapa's Memo
サンタパパの過去blog
「だがっき」と「おと」の庵
 音楽bog(休止中)
かたすみの映画小屋
 映画bog(休止中)
よっこらしょ
旧ランニングbog(休止中)
ひょうろくだま
 旧ランニングbog(休止中)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Sports@niftyプロ野球速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。